よくある質問

採用試験 受験資格について

消防官の採用試験はどのように行われるのですか。

東京消防庁の消防官採用試験には、専門系、I類、II類、III類の4つの採用区分があります。
それぞれ受験資格や試験日程などが異なりますので、採用試験(選考)案内・ホームページ等で確認してください。
平成26年度の採用試験の倍率は4区分平均で16.9倍でした。
→詳細はこちら

採用試験(選考)を受験するにあたっての、年齢制限はありますか。

消防官(専門系、I、II類)については試験日翌年4月1日現在の年齢で29歳を上限としており、消防官(III類)については21歳を上限としています。
下限については採用区分により異なりますので、詳しくは採用試験(選考)案内を参照してください。

専門系とI類とII類、II類とIII類のように複数の試験(選考)区分を併願することは可能ですか。

それぞれ受験資格を満たしているのであれば併願は可能です。

都外や国外に居住しているのですが、受験することは可能ですか。

年齢、国籍等の受験資格を満たしていれば、居住地に関係なく受験できます。

学歴が高校卒業ですが、消防官I、II類の採用試験は受験できないのでしょうか。

年齢要件を満たしていれば学歴に関係なく受験できます。